眠る猫


3泊4日で、実家に帰省していました~。

腰の圧迫骨折で入院している父。ちょっと認知症。

若い頃から毎日続けている日記も入院中は安静で

書けないようでした~。帰省中は、日に2回父に

付き添い、膝の悪い母に休んでもらいました。


夫は単身赴任中、同居の次男は広島旅行中~今回

猫を連れての帰省でしたが、母が大喜びしてくれ

可愛がってくれました~^^


高齢の両親…遠距離介護…

長男の嫁であるけれど、できることなら、ずっと

実家の両親と一緒に暮らしたいです。

実家への移住計画、早く実行にうつせるといいな。




長旅で疲れたのでしょう~。

家に戻ったももちゃん (HN)は、2日間…眠ってばかり。


野良猫よけ

猫がキッチンに入らぬよう、入口にペットフェンス設置。

対面式の部分には、応急処置で、トゲトゲの壁を手作り。

ペットボトルにトゲトゲの 野良猫の撃退グッズ (ダイソー)

を巻いて並べたら、すごい事になっちゃいました…。

「すごいね~」

遊びに来たご近所さんに驚かれました。

でも、これで危険なキッチンに侵入しなくなりましたよ~。

赤いのは、ガリガリウォール (猫の爪とぎ)です。


カウンターの隅で眠る

お気に入り…カウンターの隅っこでゴロン…

配線を噛むので、ケーブルチューブを巻いています。


キャットボウルで眠る

この夏は、よくここで眠っていました…

ペティオ:クールアルミ キャットボウル


ももちゃん (HN)

生後4カ月 体重 2.6kg になりました^^



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

No title

以前、土鍋ねこって流行りましたよね!
ほんとうに、円形が好きなんですね
「クールアルミ キャットボウル」
ひんやりしてて、おさまりがいい!
ナイスな商品だと思いました(笑)

高齢の両親…遠距離介護…大変ですよね
私も長男の嫁で、義両親と同居でした。
義父は亡くなり、義母は入所しています。

そして、私の両親は、3年前にうちの近所に越してきました。
今は徒歩5分の距離ですが、越してきてすぐは母が体調を崩しました。
「引っ越して環境の変化についていけないのだろう」と医者に言われました。
土地勘も無く、友人もいないところでの生活に不安になったようでした。
3年過ぎていまは見違えるように元気です♪
近くに暮らせるようになるといいですね

実家への移住計画、早く実行にうつせるといいな。


himikoさん コメント ありがとうございます♡

himikoさん こんばんは^^

『土鍋ねこ』…
我が家に土鍋があったら、試してみたいです(笑)確かに
猫は、おさまりいい入れ物…が落ち着くみたいですね。

実家のご両親と、スープの冷めない距離に住めるなんて
理想ですね~お元気なことがなにより…です♡

ありがとうございます !!!
これからも、義両親 & 伯母が健在で、実家の両親との
時間を優先させられるといいな~と思います^^

時宜!に恵まれて・・・

こんにちは!
しばしばお訪ねしていますが、はじめまして!かな?
目立たないかな?と思い(笑) ちょっと旧いログにお邪魔しました。

ももちゃん ・・・ 可愛い!だけでなく 美しい!ですね。
外の世界に出れば きっとモテることでしょう。
「モモ」ちゃんじゃなく 「モテ」ちゃんになります。
それにしても 壁に架かる絵をはじめ綺麗に整えられたぐらのら邸ですね。
ももちゃん同様 とっても美しい!

わが家のシマジロウは 家中!放し飼い?状態、
カリカリフードと鰹節のほかは食べないので、台所もOKです。
狭いところも好きですが、なぜか人間の使うところがお気に入りで
私や妻の椅子の上とか、布団も自分の布団のように大きな顔で寝そべっています。

さて わが夫婦は大阪で二人暮らし(息子一家は滋賀県に)。
94歳の両親は、郷里(鳥取県境港市)のグループホームに、
そして87歳の妻の母は函館で一人暮しをしています。
一家ばらばらの暮し・・・ぐらのらさんのお悩みと願い事、よ~くわかります。
いずれ時宜!に恵まれ 総てが上々に運びますようお祈り申し上げます。

デ某さん 2度目コメントありがとうございます^^

デ某さん こんばんは^^

うちのももちゃん…外でモテそうですか(笑)
シマジロウ君は、家中放し飼いなんですね。
きっとのびのびできて、お幸せでしょう~。
我が家も「猫OK部屋」が増えるといいな。

応援ありがとうございます!!
両方の両親のこと…
臨機応変でやっていこうと思います~e-454
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おさんぽ影絵 2

プロフィール

 ぐらのら。

Author: ぐらのら。

わざわざお越しくださり   ありがとうございます^^
もしお時間がありましたら    応援お願いいたします^^
にほんブログ村
リンク
RSSリンクの表示
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
このページのトップへ